現代ビジネスとZDNet記事のお知らせ

現代ビジネスにて、「ビッグデータ文明論」の連載が始まりました。「新書カフェ」というメルマガの枠内です。一ヶ月に2回、数ヶ月程度の予定です。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34267

志としては、「フツーの人のためのビッグデータの話」です。特にネットやクラウドやシステムの背景知識のない方が、「ビッグデータ」というコンセプトや、シリコンバレーにおける「哲学」と「技術趨勢」を理解していただけるように、ということです。例えば、技術動向に明るい現場の方が「わが社のデータ戦略はこうしたい、でも上の人がなかなかコンセプトを理解してくれない」といった場合に、「まずはこれを読んでください」と渡せるような感じの線を狙っています。

ビッグデータも、あちこちで本が出てすっかりお馴染みの用語となりましたが、どちらかというとシステム屋さんたちの範疇の技術的な話か、またはビッグデータを使ってどうやって儲けるかの話が中心であるような気がします。それはそれでいいのですが、それ「だけ」じゃ寂しいね、ということで、ビッグデータというものが世の中にどういうインパクトを与えるのか、何に使えるのか、ネットやITに関わる人間として、これを新しいツールとして使って何をなすべきか、といった大きな話まで持って行きたいと思っています。

また、連載中のZDNetビッグデータクラウドストレージ」のシリーズでは、オバマの選挙に関する話を書きました。

【海部美知 for Cloudian】AWSを使ったオバマのケチケチ「マネーボール」作戦を企業も活用へ - トピックス - ZDNet Japan
http://www.gemini-bigdata.com/2012/12/aws.html

こちらは、まさに具体的な技術動向の話ですが、オバマの選挙戦略は前回にも「ソーシャル」がらみで少々勉強したので(記事には簡単にしか書いていませんが)、その続きとして取り上げました。別の角度からのもう一つの記事も今週出る予定です。

連載第五回、OpenStackについてのゆるめレポート

ZDnet Japanおよびクラウディアンのブログに掲載されましたのでお知らせします。

【海部美知 for Cloudian】クラウドにおけるオープンソース勢力がアマゾンに対抗 〜 シリコンバレー「Cloud&BigData Expo」会議報告 - トピックス - ZDNet Japan
http://www.gemini-bigdata.com/2012/11/cloud-expo.html

シリーズ第二回、カンファレンス報告です

前回ブログでも書いた、「アメリカの田舎パワー」を感じた「ホスティングクラウド」カンファレンスの報告がアップされました。ZDでは写真が載せられないので、写真入りのものは下のクラウディアンのブログをご覧ください。

【海部美知 for Cloudian】「ビッグデータとクラウドストレージ」連載第二回 - トピックス - ZDNet Japan
http://www.gemini-bigdata.com/2012/10/blog-post.html

「ビッグデータ」新シリーズ開始しました

ビッグデータクラウド・ストレージ」に関するよもやま話新シリーズを開始いたしました。ZDNetと、クラウディアン社サイトの両方で読めます。

【海部美知 for Cloudian】「ビッグデータとクラウド・ストレージ」 連載 第一回 - トピックス - ZDNet Japan
http://www.gemini-bigdata.com/2012/09/blog-post_18.html

今回のシリーズは、一般的な記事ではなく、クラウディアン社から依頼を受けて、同社の広報の一環として執筆する、いわば「ホワイトペーパー」のようなものです。クラウディアン社は、クラウドストレージ向けソフトウェアを提供する企業です。詳しくは下記をご参照ください。

http://cloudian.jp/

直接の製品宣伝ではなく、「企業によるビッグデータの活用、そのためのクラウドストレージ」という動向について、より多くの方に興味を持っていただき、同社製品のターゲットとする市場を広げようというのが目的ですので、できるだけ読んで楽しいものにしたいと考えています。

連載といっても、半年ほどの「短期シリーズ」になる予定です。2週間に一度の頻度で更新です。どうぞ宜しくお願いいたします。

 クラウドへの流れ-グーグルも他のひとたちも、ちゃんとやってると思うよ

確かに、最近当地のギークメディアでも、「グーグル独占」に対する警戒論が以前より多くなってきたように思う。それは、特にMS-Yahoo騒動後、検索広告で圧倒的強者となったグーグルに対する「バランス感覚」だと思っている。

グーグル「食べ放題」が縮小 - 風向き変化とバランス感覚 - Tech Mom from Silicon Valley

一方、アメリカのアナリストでも、「広告しか収入源がない」ということを問題にする向きもある。そして、日本でも下記のような記事が出る。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080908-OYT1T00127.htm

しかし、それに対して何もやっていないのではない、というバランスがこの記事には欠けているように思う。数年前から、「エリックのおうち」では、クラウドコンピューティング事業を着々と立ち上げている。下記のように、「Chrome」はその遠大な「グーグル変身計画」(というか「拡張計画」)のための一つの要素だと思う。

Chromeは「エリックのおうち」の玄関か - Tech Mom from Silicon Valley

グーグルだけではない。アマゾンも2006年から着々とクラウド系サービスを出していて、この面ではグーグルより一日の長がある。IBMも、HPも、シスコも、MSも、ベライゾンAT&Tも、次々とクラウドでの布石を打っている。まだまだ未熟な市場だからこそ、早い時期から経験を積み、他に先んじて足場を固めようと皆大騒ぎでやっている。

自慢しちゃうと、「次」の波としてのクラウドコンピューティングについては、私は2006年の秋にこんなことを書いている。
「Web2.0とクラウドコンピューティング」記事

また、最近ではこんなコラムも書いた。
欧米潮流@ネットワーク | 日経 xTECH(クロステック)

この種の大きな波がモノになるには、長い期間がかかるものだ。グーグルにしても、サービス自体やデータセンターはあるとしても、ちゃんとお金をいただけるレベルのサービスができるようになり、それを販売する企業向け営業部隊をつくり、サポート体制をつくり・・・というのには時間がかかる。だから、今の時点では全然「まだまだ」だけれど、だから「ダメ」ではない。

今のところ、クラウドの主要な顔ぶれはアメリカの企業ばかりで、日本の企業は対応が遅れているようだ。それにも増して、日本のマスメディアはクラウドの話はあまりわかっていないようなので、まー上記のような記事になるのは仕方ないのかな・・・